トップページ >遺言> 遺言のすすめ

遺言のすすめ

10年前には目新しかった

"「相続」を「争族」にしないために"なんて言葉、

あなたはもう耳にタコでしょう?


では、あなたはご存知ですか?

共有=共憂

相続財産をめぐる争いは増加の一途をたどっています。
家裁の扱う遺産分割事件は50年前に比して5倍以上に。

反対に、全国の公証人役場で作られる
遺言公正証書は、30年前に比して4.7倍に。
 (司法統計・日本公証連合会資料より)

この数値は何を意味するのでしょうか?

一つには、あなたのお父さんお母さんたちが相続をした時代から、時を経て、戸籍法改正以前の「家督相続」制度が意識から消え「均分相続」の考えが浸透した結果と言えるでしょう。「義務なき権利の主張」です。

二つ目は、民法が定める法定相続制度だけでは、いろいろなご家庭の様々な事情に対応しきれなくなってきているということです。

爆発的に増えているようでも、全国的にみると、遺言書を既に作成している人はわずかに16%、作成するつもりはない人は15%、書くかどうかわからない人が26%、書こうと思っているがまだ書いていない人がもっとも多く、43%(日経生活モニターによる調査)です。

Q うちに限って揉めるはずはない・・・そんなことしなくても・・・
A いいえ、あなたの亡くなったあと、ご家族は争って、ボロボロになるかもしれません。ご家族に安心と満足を差し上げて下さい。

Q 遺言なんてお金持ちのやることだから、うちなんて・・・
A いいえ、1000万~3000万のおうちでもっとも多く争いが起こっています。(特に家と土地、わずかな預金というケース)

遺言書の種類、作り方は、法律で定められています。
それ以外の方法で作成されたものや、口頭で言ったものは無効で、法的効力を生じません。かえって、紛争の種になってしまう可能性すらあります。
そのため、よく注意して作成する必要があります。

遺言書が必要な場合

  • 兄弟姉妹の仲が悪い(特に長男と他の兄弟姉妹)
  • 先妻・後妻ともに子がいる場合
  • 子供がいない場合
  • 離婚、死別、内縁の妻や認知子がいる場合
  • 離婚状態の配偶者
  • 特定の人に財産を多く相続させたい。自営業者の方、農家の方
  • 自宅以外に分ける財産がない、資産のほとんどが不動産の場合
  • 相続人以外に相続させたい人がいる(例:お世話になった嫁)

以上は、よく言われることですが、もう一つ

  • 経済的に苦しい相続人がいる場合

安定した職についていない、収入が少なく、持ち家もない相続人がいると、最低でも法定相続分を要求してきます。
すると、その要求が相続人間に伝染して、「じゃ、私も」と言い出し、まともな遺産分割協議がまとまりにくくなります。

仲が良さそうに見えるご家族でも、争いはおきます。

残されるご家族に安心を差し上げて下さい。

遺言は、あなたの亡くなったあとにキラリと光る

  • あなたの最後の意思表示
  • あなたの人生の集大成
  • 残される方への思いやりの心
  • あなたの意思を継ぐ方への、あなたからの最後の贈り物

将来のあなたの相続が円滑に行くように、
残されるご家族に是非、遺言をなさって下さい。


あなたが本当に望んでいること、それは、財産の分け方の指図ですか?

あなたが本当に望んでいるのは、本当は、あなたがいなくなっても残されたご家族が仲良くやっていくことなのではないでしょうか?

その方法を、一緒に考えましょう。

あなたの今までの人生を聞かせて下さい。

私たちは、あなたの最後の意思表示のお手伝いができることを大変誇りに思います。心を込めてあなたの遺言作成をお手伝いさせて頂きます。

フリーダイヤル まあるく なかよく いい相続

遠方の方や繋がりにくい場合は、電話:052-622-1114までお願いします。
メールでのご相談は、お問合せフォームからどうぞ!